ホーム > 高収入業の一覧 > 東京タワーの電球の交換をするだけで1回100万円貰えるのか?

東京タワーの電球の交換をするだけで1回100万円貰えるのか?

高所作業は高ければ高いほど強い風が吹くけど報酬も高い

昔、母が若いころに電気関係の会社でOLをしていた時に きいた話だそうなので、真意のほどは確かではありませんが、 高所作業員についてこんなお話しを聞いたそうです。

funs21.gif「高所作業員というのは 高い所で電気関係の施工や修理の仕事をする人で、 電気関係の知識を持っていることは当たり前、 そしてとても大事なのが、 非常に高い場所で作業をするため、 高所恐怖症に負けない、強い精神力と 危険をもかえりみない勇敢さが必要とされる」 との事だったそうです。 そしてそんな命知らず(?)で 勇敢で技術を持った高所作業員さんは 一件当たりのお仕事の単価が非常に高給だったそうです。 なんでも、東京タワーの電球の交換をするだけで 1回100万円貰える、なんていう話もあったそうです。 ただこれは本当の話なのか、都市伝説的な話なのかはわかりませんが。 でもそんなにお給料をもらえるのだとしたら、 ちょっと夢があるというか、「私もしたいなー♪」なんて 思ってしまうかもしれないですね。

私の友人に俗に言う「飛びの親方」なる人がいます。 作業現場を扱う会社の社長でもあるのですが、本人が「俺は飛び職」といって憚らないからです。 時々彼の現場を覗くのですが、とても高いとことへ平気で上って行くのです。 彼が言うに「最初だけ、後は慣れ」とも言います。 ですが、今でも高層マンションの足場作りなどで上に上がった時は、肝を冷やすこともあると言うのです。 風などに良く注意が必要と言うのです。 高ければ高いほど風が強く吹いているので、下で見るものとは全く違うと言うのです。 この高所での仕事もそうですが、工事現場にも労働安全衛生法が定められています。 労働基準監督署などの査察で違反しているとなると工事の差し止めにつながるのです。 万が一の死亡事故などが発生してしまい、原因が仮設にあると司法から逮捕と言うこともあるのです。 企業防衛のため作業・注意指示をしていたものは、サイン付の書面で残しておくのです。 このように安全対策がしっかりとしてあるはずです。 高所作業員、仕事内容は恐いこと当然なのです。 怖くても胸を張って仕事に励むべきと思います。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加