ホーム > ブログ > 副業ワーカーとSOHOワーカー

副業ワーカーとSOHOワーカー

副業ワーカーとSOHOワーカーの狭間で嫌な思いをしたことのある方は、 実際には恐らく大勢いらっしゃると思います。(双方、お互いに) これから「副業ワーカー」を目指そうと思っておられる方々には ちょっとショッキングなことかもしれません。 けれど、これからSOHOという世界に飛び込んでいくと 厳しい言葉を浴びたり 肩身の狭い思いをすることが、もしかしたらあるかもしれません。 なければ、あなたはラッキー。 でも、もし嫌なことを言われたり聴いたりしたら、 ここを読んでください。 数は少ないとは思いますが、 中には「SOHOは歓迎するけれど、副業ワーカーは使いたくない」という企業もあります。 恐らく、未熟な副業ワーカーにひどい目にあわされたことがあるのでしょう。 SOHO業界の中でも、いわゆる主婦出身の副業ワーカーには、風当たりが強いようです。 「質の悪い副業ワーカーが市場を荒らしている」 「低価格でどんどん仕事を請ける副業ワーカーがいるから、単価が下がる」 「我々SOHOは、副業ワーカーと一緒には扱われたくない」 そうはっきり言い放つSOHOワーカーも多いのです。 SOHO系のサイトや掲示板にいくと、そのような会話が飛び交っているでしょう。 同じSOHOというライフスタイルを選んだ人間同士であっても 「副業ワーカー」には厳しいSOHOの先輩が多いのは事実です。

■"在宅で高収入を得られる職業はアプリ作成等のプログラマーもしくはSEです。
クライアントとの交渉は必要となりますが、アプリ作成は高額を得る事が可能なのとクライアントの要望によっては日数が掛かりますが、クライアントが満足してくれる物を作成出来れば、継続して依頼をもらう事が出来るので、より高収入に繋がります。また交渉も電話やメールを使用して行えば、在宅で全て完結するので、完全に在宅ワーカーとして活動可能なのも魅力です。"


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加